• 大阪
  • 京都
  • 奈良
  • 滋賀
  • 三重
  • 岐阜
  • 愛知
  • 静岡
  • 山梨
  • 神奈川
  • 東京
ホーム 東海自然歩道 > 都府県別観光スポット一覧 > 東京都

東京都の観光スポット

東京都

高尾ビジターセンター

 高尾ビジターセンターは高尾山山頂にあります。ビジターセンターでは常設の展示に加え、解説員から高尾山の自然についての話を聞くことができ、東海自然歩道の始点である明治の森高尾国定公園の自然環境について理解を深めていただけると思います。

 また、ビジターセンターの前には大見晴園地があります。平成18年度に東京都で広場スペースの改善を行い、林野庁が森林整備(間伐)を実施しました。この結果、眺望が改善し、天気に恵まれると富士山から丹沢までの山並みを望むことができます。

●住所:東京都八王子市高尾町2176 ●TEL:042-664-7872 ●開館時間 :午前10時~午後4時 ●休日:第3月曜日(ただし、祝日、都民の日に当たる場合は、その翌日)年末年始(12月29日~1月3日) ●料金:無料 ●交通:JR高尾駅下車→京王線乗り換え→京王高尾山口駅下車→徒歩5分→高尾登山電鉄(ケーブルカーまたはリフト)→徒歩40分→高尾ビジターセンター

【ウェブサイト】高尾ビジターセンター

【お問い合わせ先】東京都 環境局自然環境部緑環境課 tel.03-5388-3507

八王子城跡

 八王子城は、後北条氏の三代目氏康の三男である北条氏照が築いた城です。北条氏は小田原城を本拠地として関東一円を治めていましたが、豊臣秀吉の関東制圧の一環で、前田利家・上杉景勝軍の攻撃により、わずか1日で落城しました。現在は、曳橋や御主殿跡など一部が復元されています。ほかにも当時の面影の残る場所があり、戦国時代を偲ぶことができます。

 山頂からは眺めもよく、空気の澄んだ日には北条の領土であった南関東一円を見渡すことができます。

 平成18年2月に日本城郭協会の「日本100名城」に選定されています。

●住所:東京都八王子市元八王子町3-2715-2(管理棟)●営業時間:散策だけならいつでも可能。ただし、御主殿整備地区管理棟でのトイレ利用、パンフレットなどの配布は8:30~17:00まで。 駐車場:バス4台・普通車14台利用可。時間は8:30~17:00。●料金:無料  ●交通:◇電車:JR高尾駅北口より 多摩バス「高尾の森わくわくビレッジ」「大久保」「陣馬高原下」行き「霊園前」下車徒歩約15分 ◇車:中央自動車道八王子IC第2出口から八王子方面へ国道20号経由で約40分

【お問い合わせ先】八王子市 生涯学習スポーツ部文化財課 tel.042-620-7265

高尾山

 東海自然歩道の東の起点である高尾山は、昭和25年に「都立高尾陣場自然公園」、42年に「明治の森高尾国定公園」に指定された、東京を中心とする首都圏の代表的な観光地です。

 標高599mで1,600種もの植物が自生し、4,000種の昆虫が生息している豊かな自然と環境に恵まれ、充実したハイキングコースや展望台からのすばらしい眺望など多くの魅力を備えています。 また、ミシュランジャポンの三ツ星にも選ばれ、外国人観光客も多くみられます。

 年間の来訪者の数から言えば「世界一の山」とも言われています。

●住所:八王子市高尾町 ●交通:京王高尾線 高尾山口駅下車

【ウェブサイト】八王子観光協会

【お問い合わせ先】(社)八王子観光協会 tel.042-643-3115

高尾の森わくわくビレッジ

 「高尾の森わくわくビレッジ」は、テントサイトや野外炊さん場などの野外活動施設をはじめ、研修室や音楽室などの文化・学習施設、体育室、宿泊施設も兼ね備えた新しい体験学習施設です。豊かな緑に囲まれた高尾の森を舞台に、自然や人と触れ合える多彩な活動プログラムをご用意しており、「高尾の森わくわくビレッジ」ならではの体験・生活を楽しむことができます。

●住所:193-0821 東京都八王子市川町55 ●TEL:042-652-0911 ●営業時間:8:00~22:00 年中無休(施設点検日あり) ●料金:各施設によって料金が異なるため、ホームページを参照 ●交通:京王線・JR 高尾駅から北口バスのりば多摩バス(高14系統)「高尾の森わくわくビレッジ」行き または「グリーンタウン高尾」行き終点にて下車(約14分)

【ウェブサイト】高尾の森わくわくビレッジ

【お問い合わせ先】高尾の森わくわくビレッジ tel.042-652-0911

高尾山薬王院

 真言宗智山派大本山である高尾山薬王院は、奈良時代の天平16年(744) に聖武天皇の勅命により東国鎮護の祈願寺として、高僧行基菩薩により 開山されたと伝えられる。薬王院の名は創建当初、御本尊薬師如来を安置したことに由来する、正式の名称は高尾山薬王院有喜寺である。

 現在、成田山新勝寺、川崎大師平間寺とともに、関東の三大本山として 広く知られている。

●住所:東京都八王子市高尾町2177 ●TEL:042-661-1115 ●営業時間:AM9:00~PM4:00 無休 ●料金:無料 ●交通:京王高尾山口駅下車、ケーブルカー乗継高尾山駅下車徒歩20分

【ウェブサイト】高尾山薬王院

【お問い合わせ先】高尾山薬王院 tel.042-661-1115

高尾山ケーブルカー・リフト

 四季折々の景色を車窓から楽しめるケーブルカーは、日本一の急こう配31度18分を走ることでも有名です。春のサクラや秋の紅葉時期には特に人気があります。

 また二人乗りリフトは、爽やかな風を感じながら12分間の空中散歩。下りの利用では都心の高層ビル群の他に、空気の澄んだ日には房総半島までの景色を楽しむことができます。

 ケーブルカー・リフトとも、高尾山の中腹まで行くことができ、高尾山薬王院の参拝や山頂までのハイキングの際にお勧めです。

 この他、ケーブルカー高尾山駅横の香住売店において、高尾山名物『天狗焼』や『高尾山天狗黒豆まんじゅう』(八王子手土産グランプリ最優秀賞受賞)を販売しています。また、夏季には恒例のビアガーデン(「高尾ビアマウント」)も開催していますので、ぜひお越しください。

●住所:東京都八王子市高尾町2205 ●TEL:042-661-4151 ●営業時間 ケーブルカー8:00~17:15 リフト9:00~16:00 ※季節により異なります ●料金:ケーブルカー・リフト共に往復930円 ●交通:京王高尾山口駅下車、徒歩3分

【ウェブサイト】高尾登山電鉄株式会社

【お問い合わせ先】高尾登山電鉄株式会社 tel.042-661-4151

高尾599ミュージアム

 高尾山の自然をダイナミックに表現した「映像スペース」や、四季折々の美しい植物や昆虫を展示する「展示スペース」。多摩産材のイスとテーブルを並べたカフェや、オリジナルグッズをとりそろえたミュージアムショップのある「くつろぎスペース」。その他、高尾山のルートやマナー等を映像で紹介する情報ガイドや、高尾山の起伏を表現したキッズスペースなど、施設全体に高尾山の魅力を詰めこんだミュージアムにとなっています。

●住所:高尾町2435-3 ●TEL:042−665−6688 ●開館日:通年開館(臨時休館あり) ●開館時間:午前8時〜午後5時(12月〜3月は午後4時まで) ●入館料:無料 ●交通:京王線高尾山口駅から徒歩4分

【ウェブサイト】TAKAO 599 MUSEUM

【お問い合わせ先】TAKAO 599 MUSEUM tel.042−665−6688